CASECとTOEICなど各資格との換算と比較 精度や難易度の違い

CASECとTOEICなど各資格との換算と比較を記事にまとめました。

また、CASECと他の英語資格のスコアとの精度や、難易度の違いについてもまとめています。

CASECとTOEICなど各資格との換算と比較

以下、各英語資格とのスコア精度、換算と比較、CASECとTOEICの難易度の違いの順で掲載しています。

各英語資格とのスコア精度

CASECと、TOEIC・TOEFL・英検など、他の英語資格とのスコア精度はどの程度あるのか?

公式サイトによると、CASEC受験者の各英語資格の自己申告スコアと、CASECスコアを照らし合わせた数値になっているとの事です。

CASEC公式サイトでは、TOEIC、TOEFL IBT、英検、CEFRとの換算スコアが表記されています。

CASECとTOEICとの精度

CASECとTOEFL IBTとの精度

CASECと英検との精度

CASECとCEFRとの精度

出典:CASEC

これらの測定方法を見ると、完璧ではないとしても、ある一定の精度はあると考えて良いと思います。

各英語資格との換算と比較

CASEC公式サイトには、各英語資格とのスコア換算が掲載されており、受験後にも他の英語資格との換算レポートを見る事ができます。

公式サイトでは、各々の英語資格との数値しかないため、ここでは全ての英語資格の換算表を、ひとつの表でまとめました。

ただし、英検のデータのみ分布図で表記されており、その内容を元に当編集部でおおまかにまとめていますので、あらかじめご了承ください。

CASECTOEICTOEFL IBT英検
1000990100準1級~1級
950985
90096596~1162級~準1級
85093086~109
80088076~1002級
75081066~99
70072553~80
65063547~70
60054538~613級~2級
55046532~53
50040525~483級~準2級
45035545未満
400315
350275
3002404級~3級
250205
2001605級~3級
150105
10055
5020
010

※上記の英検のデータは、CASEC公式サイトにある以下の分布図を元に作成しました。

CASECと英検との換算出典:CASEC

また、ヨーロッパで外国語の習得状況を示すガイドラインのCEFR(セファール)とCASECとの換算ですが、セクション4のみCEFRとの換算が難しいとの事です。

また、総合点ではなく、各セクションごとの点数でCEFRとの換算がデータで出ています。

各セクションの点数ごとにCEFRの換算スコアが違いますので、こちらもチェックしてみてください。

CASECとCEFRとの換算出典:CASEC

上記の作成した表はあくまでも当編集部が作成したものですので、より正確なものは受験後の換算表をご覧ください。

CASECと他の英語資格との換算スコアレポート出典:CASEC

CASECとTOEICの難易度の違い

ここでは、ビジネスの現場で英語スキルのチェックとして導入されている、CASECとTOEICについてのみ、違いをまとめてみました。

CASECでTOEICの換算はできますが、内容はどう違くて、難易度も違いがあるのか?

まずはCASECとTOEICの概要を表でまとめました。

英語テストCASECTOEIC L&R TEST
英語の種類日常英会話、ビジネス英語ビジネス英語
試験形式オンラインのみ全国の試験会場
全試験時間40~50分120分
全問題数60問200問
必要スキルリーディング・リスニングリスニング・リーディング

CASECは日常英会話からビジネス英語までカバーしていますが、TOEICはビジネス英語のみです。

どういった英語を習得したいかによって、試験を選んでみるのも良いと思います。

試験形式としては、CASECはオンラインのみで、TOEICは試験会場での受験という違いがあります。

TOEICに関しては、受験料だけでなく、交通費もかかりますので注意が必要です。

試験時間や問題数に関しては、CASECが40~50分で60問、TOEICは120分で200問と、CASECの方が時間的や疲労の負担も少ないと言えるでしょう。

また、必要なスキルとしては、どちらもリーディングやリスニング力になりますが、より具体的な必須スキルは以下のようなもnです。

必須スキルCASECTOEIC
語彙力
文法力
読解力
リスニング力
素早く読む能力
素早く解く能力

CASECとTOEICでは、どちらも語彙力・文法力・読解力・リスニング力といった英語の基礎力が必須になってきます。

ただし、実際にTOEIC受験者の声を聴くと、時間が間に合わず問題を解けきれなかったというケースが多いです。

こういった事例を見る限りでは、素早く読む・素早く解くといったスキルに関してはTOEICがより求められる傾向があります。

上記の理由や、問題数や試験時間なども含めると、TOEICの方がより難易度が高いと言えるかもしれません。

もし、よりスコアアップしたい場合は、CASECにも役立つ、評判が良いTOEIC対策のオンライン学習サービスがあります。

CASECにも役立つ高評価なオンラインTOEIC対策

TOEIC(R)対策の決定版登場│スタディサプリENGLISH

こちらの内容としては、英単語クイズ学習から、講師の関正生(せきまさお)先生によるTOEICのコツと英文法講義、随時追加される充実したオンライン問題集があります。

このオンライン学習の内容に加え、コーチがサポートするプランも7日間無料で利用できますので、TOEICだけでなく、CASEC対策もしたい方は、一度チェックしてみてください。

TOEIC対策ベーシックプランの内容を見る
TOEIC対策パーソナルコーチプランの内容を見る

CASECとTOEICなど各資格との換算と比較まとめ

CASEC公式サイトによると、TOEICなど各英語資格との自己申告スコアを元に、CASECスコアとの換算データが表記されています。

例えば、CASECのちょうど中間スコアである500点の場合、TOEICだと405点、TOEFL IBTだと25~48、英検だと3級~準2級程度になります。

また、CASECとTOEICだと、問題数や試験時間の多さ、素早く読む・解くといった理由から、TOEICの方が難易度が高いと感じる方が多いかもしれません。

もし、スコアアップしたい場合は、CASECやTOEICでも活用できる、評判の良いオンライン学習教材がありますので、一度チェックしてみてください。

▲ CASECにも役立つオンラインTOEIC対策教材 ▲